何歳から何を始めるのがベスト!?子どもの習い事事情

シェアする

子どもの同級生の親御さんから「うちの子、最近ピアノ始めたのよ~」なんて聞くと、何だかちょっと焦ってしまいますよね。
「他所は他所、ウチはウチ」とはわかっているものの、「早く何か始めなきゃ…!」という気持ちは、止められないものです。

しかし、その習い事を始めるタイミング、子どもの成長や発達状況からしてベストな時期だとは限りません。
せっかく始めるのなら、最適な時期に・最適なものを始め、能力を最大限に発揮して欲しいものですよね。

今回は、心身ともに子どもの発達状況を踏まえつつ、それぞれの習い事をいつから始めるのがベストなのか?を測っていきましょう。

みんな、いつから何を始めているの?

幼稚園の教育課程が3歳から始まる場合が多いためか、おおよそ3歳から何かを始めるというご家庭が多いようです。
その証拠に、運動系・知能系を問わず、子ども向けのスクールを開講しているところは、3歳からの申し込みが可能なコースが充実しています。
ちょうど、子どもの身体能力がある程度安定し、大人の言うことが理解できるだけの能力が備わる時期だからということでしょうか。

また、「七田式教育」で有名な教育学者の七田眞が提唱した幼児教育における独自のメソッドで、「3歳までに脳細胞の基本的な回路が出来上がる」とされました。
このことが大きく報じられたことによって、「3歳までに教育を…!」という考え方が一気に知れ渡ることとなったようです。

では、みなさん具体的にどんな習い事を始めているのでしょうか?

3歳までに音楽を始めると絶対音感が身に付く!?

3歳までに始めるものの人気の習い事として、音楽教室が挙げられます。

特にピアノは、押せば音が出ることから弾き方にコツが要らず、幼児にも始めやすい身近な楽器とされています。
譜面を読んで指先を動かすこと、耳から入って来る音など、すべてが脳への良い刺激となり発達を促すとも言われており、習わせたい親御さんは多いようです。

また、リトミックは、音楽と身体の動きを融合した教育方法で、数々の幼稚園・保育園でも導入されています。
音楽に親しみながら体を動かすことができるので、感受性・表現力・集中力が高まり、癇癪を起こしにくくなるとして人気の習い事となっています。
リトミック教室なら、親御さんも一緒に通うことができるので、親子で楽しみながら取り組むこともできそうですね。

これらの音楽系の習い事を3歳までに始めておくと、「絶対音感が身に付く」と言われています。
絶対音感とは、ある高さの音を他の音と比較しないで識別できる能力のことを指します。
例えば、童謡の「チューリップ」を聴いて「さいた さいた チューリップの花が~」ではなく「ドレミ ドレミ ソミレドレミレ~」と歌うことができるようになるのです。
中には、車の騒音や踏切の遮断音など、生活の中に街中に溢れる音がすべて音階で聞こえるといった人もいるほどです。

3歳までに音楽を始めておくと、これらの能力が伴うのには、脳が臨界期に達している状態であるからと言えます。
脳の成長速度が非常に早い時期であり、大きな能力を生活の中で自然と獲得することができるのです。

この臨界期は、出生時から6歳ごろまでの幼児期と言われていますが、個人差があるため、思いのほか早く臨界期を終えてしまう子どもも多いのだそう。
よって、絶対音感に限らず、子どもの知的能力の開発に関わる習い事は幼児期に始めるのが良いと言われ、3歳はその節目の時期に最適とされるようです。

オリンピック選手になるには、5歳までに競技を始めるべき!?

子どもの運動能力を高めるためにと、運動系の習い事を検討される親御さんも多いようです。
サッカーや体操教室などは、大きな装備も要らず、身一つで始めることができるため、手軽に始めることができるとして人気です。

始めるきっかけとしては、「有り余るそのエネルギーを発散して欲しい」や「瞬発力や柔軟性を高めたい」などが挙げられています。
中には、「オリンピック出場を目指したい」という、アスリート志望の方もいらっしゃるようです。

オリンピック選手となると、極めて幼少期から血のにじむような鍛錬をして…というのを想像されそうなものですが、意外とそうでもないようです。

確かに、オリンピックでのメダルラッシュをもたらした体操の内村航平選手は、両親ともに体操選手であったことや体操教室を運営していたことなどが重なり、その競技人生を3歳で始めることとなりました。
また、同じく若くして世界の舞台で活躍する水泳の萩野公介選手が、自宅近くのスイミングスクールに通い始めたのは生後5か月のことだったそうです。
他にも多くの選手が5歳以前から競技を始めている姿が散見されるとなると、やはり「早いうちからの教育が大切!」とも思われるかも知れませんね。

しかし、フィギュアスケートの浅田真央選手がスケートクラブに入会したのは5歳の頃であり、サッカーの本田圭佑選手は8歳でサッカーを始めて、今もなお世界で活躍しています。
更に、柔道で活躍した谷亮子選手は小学2年生から、マラソンの高橋尚子選手が陸上競技を始めたのは中学生になってからのことです。

こうして見ると、「世界で活躍するには、早期から競技を始めなければならない!」とは必ずしも言い難いようです。

始めるポイントは、発達の節目

発達と言っても、脳と身体能力の発達は少し異なっています。

まず、脳の発達に関して言えば、出生時は300gほどだった脳が3歳までに1200gとなり、大幅に要領がアップします。
これは、成人の約8割にあたり、言い換えるならば、3歳以降は脳細胞の成長はそれまでに比べ極端に少なくなることを示しています。
つまり、五感や記憶力などを伸ばすためには、3歳が1つのターニングポイントとなることは確かなようです。

一方の身体能力は、歩く・走るなどの基本的な運動能力が4歳ごろまでに一応の完成を見て、学童期においても緩やかに発達します。
更に、成長期を迎える12~16歳ごろには、また、急激に成長を遂げます。

これらの発達の節目に着目して、習い事を始めると、脳や身体に良い影響をもたらすことが期待できるでしょう。

気持ちがあれば、何歳からでも遅くはない!

しかし、いくら親御さんが躍起になっても、習い事を始める当の本人の気持ちが伴わなければ意味がありませんよね。
子どもをその気にさせる働きかけはもちろんですが、子ども自身の興味・関心に応じた習い事を始めるのが良いでしょう。

普段の生活を鑑みて、絵が好きそうだと感じれば絵画教室も良いでしょうし、料理に興味関心を示すのならば親子で通う料理教室も視野に入れて良いものです。
もしくは子どもから「これがしたいんだけど…」との働きかけがあるかも知れません。これを逃す手はありませんよね。

また、昨今よく聞かれる言葉として「生涯学習」というものがあります。
学習は生涯にわたって続く・終わりがないことを指し、文部科学省でも生涯学習が推進されています。

つまり、「何かを始めるのに早いも遅いもない」ということでもあるのです。
何かに興味を持った、そのときが始め時です。
習い事を始めることで、子どもの「好き」をたくさん増やしてあげたいものですね。

The following two tabs change content below.

おはる

第2子を妊娠中に「ボケ防止に…」と始めた勉強で保育士資格を取得。 認可保育園・病児保育所での勤務を経て、現在は会社員兼2児の母。 専門は日本語・英語での文化交流だったはずが、いつしか保育や社会的養護が生活の中心に。 ウサギさんと関ジャニ∞をこよなく愛する三十路少女(o゚▽゚)ノ♪