子どもの脳の活性化にどんな栄養が必要なの?

 

元気な子なのが一番だけども、できれば頭の良い子どもであって欲しいな…というのは、すべての親御さんの願いであるでしょう。

 

子どもがとても幼いうちから、なんならお腹に命が宿ったとわかったその瞬間から、胎教や幼児教育に余念のない方も多くいらっしゃいます。

 

私自身も、保育現場で日々お母さま方から「どうしたら頭の良い子に育ちますか?」と、目を輝かせながら尋ねられたものでした(^^;

 

ズバリ、「頭の良い子」に育てるには、幼いうちから外部の「良い刺激」にたくさん触れることが大事です。視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚の五感をフル活動させ、多くの情報を取り込むことが、子ども自身の大きな財産となります。

 

しかし、脳がアクティブな働きをするためには、それ相応の栄養が必要なのです。例えば、ブドウ糖は、脳を回転させる唯一のエネルギー源であることでも知られています。ブドウ糖が不足すると、脳だけでなく身体のパフォーマンスもたちまち低下して行ってしまうのです。

 

更に、脳を活性化させるのに非常に有効な栄養素は、まだまだあります。せっかく受けた良い刺激を無駄にしないためにも、是非積極的に摂りたいものばかりです。

 

\頭が良くなる成分まとめて凝縮サプリはこれ/

 

DHA

 

 

「ブレインフード」と呼ばれる、脳の働きを良くする栄養素の代表格です。青魚や回遊魚に含まれる健康油として知られる高度不飽和脂肪酸の一種で、脳細胞を柔らかくし、脳の伝達能力を高める働きがあります。

 

よく、頭の良い人のことを形容して「頭の柔らかい人」と言われますが、DHAはまさに頭を柔らかくしてくれるのです。

 

更に、脳内でも特に記憶を司る海馬という部分においてDHAが多く存在していることが確認されており、人の記憶力に深く関係していると考えられています。頭の回転を速め、記憶の定着にも役立つ栄養素なのです。

 

ホスファチジルセリン

 

人体の代謝に関わるリン脂質の一種で、肉類や大豆に多く含まれています。細胞膜の情報伝達を担うホスファチジルイノシトールという物質の代謝促進に関わっていることから、神経細胞の情報伝達をスムーズなものとします。

 

近年では、アルツハイマー病や若年性型の認知症などの進行を遅らせる効果があることも確認されています。

 

イチョウ葉エキス

 

ヨーロッパでは血行不良の改善に役立つ医薬品として知られていますが、脳にも良い影響があります。30種類以上のフラボノイドが、体内の活性酸素や一酸化窒素を抑制し、毛細血管を保護することで、アンチエイジング効果が期待できます。

 

また、特有の成分であるギンコライドが脳組織内のブドウ糖濃度を高め、ビロバライドが循環機能の改善や記憶力アップに役立つなどといった特長から、知的好奇心の向上・活性化する要素がたくさん含まれています。

 

ビタミンB群

 

ビタミンB1・B2・B6・B12・葉酸なども、身体づくりだけでなく、脳の働きを活性化させるのに重要な役割を果たしています。

 

いずれも牛のレバーや魚に多く含まれ、脳の中枢神経や細胞を活性化することはもちろん、使い過ぎで疲れてしまった脳をスッキリと回復させる働きもあるのです。最近の研究では、認知症患者にはビタミンB群が極端に不足していることも確認されています。

 

また、ビタミンB群は、1つ不足すると他も連鎖的に働きを止めてしまう傾向にあります。全体をバランスよく摂取することを心がけたいですね。

 

子どもの頭に良いサプリの選び方

 

 

しかし、いくら子どもの頭を良くするためとはいえ、幅広い栄養素を食物だけで補うのは非常に困難を極めます。また、イチョウ葉エキスは、イチョウ特有のものであるため、食事で摂取するのは、ほぼ不可能と言えるでしょう。

 

その点、サプリメントであれば、脳に有効な成分を適切な量で、無理なく摂取するのに役立ちます。各栄養素の有効性から、「脳に良い」と話題のサプリメントも多数開発されるようになってきました。それらの中から本当に良いものを見極めるポイントをいくつか押さえておきましょう。

 

\頭が良くなる成分まとめて凝縮サプリはこれ/

 

有用成分、含有量など

 

DHAやイチョウ葉エキスなど、脳に良いとされる栄養が含まれていることはもちろん、その含有量にも注目したいところです。

 

例えば、DHAは、同じく不飽和脂肪酸であるEPAとともに1日900mg以上の摂取が目安となっていますが、サプリメントでの摂取推奨量は500mgとなっています。

 

その1日分の目安量の、なるべく上限に近いところできちんと摂取できるものを選んであげたいものですね。

 

また、DHAで言うならば、油分であるため、酸化による成分の劣化が懸念される栄養素でもあります。なるべく新鮮な状態で口に運べるように工夫されている製品であるか?というのも1つのポイントとなりそうです。

 

安全性や製造場所

 

大切な子どもに関わるものですから、ここは譲れないポイントです。

 

  • 製品自体に有害物質が含まれていないか?
  • 天然由来のものが用いられているか?

 

は、含まれている栄養素よりも重要な事柄であることでしょう。

 

また、

 

どのような製造過程・品質管理を経ているか?

 

手元に届くまでのプロセスを事細かく公開し、安全性の確保に努めていることが確認できるものが良いでしょう。

 

もう1つワガママを言うならば、国内工場であり、品質管理の国際規格や厚労省認定のGMPを取得している製造工程であればより安心ですね。

 

飲みやすさ

 

成分・安全性ともにクリアしても、それを子どもが手を付けないようなものでは、全く意味がありません。味・形状が飲みやすいものであるか?も見極める必要があるでしょう。

 

また、1日の摂取目安量も、なるべく少ないものが良いでしょう。普段の食生活に支障をきたすことなく、必要な栄養素を補給することができるものであるに越したことはありません。

 

子どもの頭が良くなるサプリランキング

 

 

では、脳の働きを活性化させるサプリメントには、どのようなものがあるのでしょうか?数ある「頭が良くなるサプリ」から、私が厳選した3種類を順にお伝えいたします。

 

ドクターデキスギ

 

 

堂々の第1位は、ドクターデキスギです!学習活動に欠かせないDHA・EPAを500mg配合しているだけでなく、抗酸化作用に優れたトコトリエノールも配合されています。

 

このトコトリエノール、酸化防止のためのみならず、神経伝達を維持する働きもあり、DHA・EPAとの相乗効果で脳を活性化が期待できます。

 

他にも、イチョウ葉エキス・ビタミンB群をはじめ様々な栄養素をバランスよく配合。ストレスを低減し、リラックスして学習に臨める工夫がなされています。

 

更に、品質管理の国際規格である「ISO9001」を取得した国内の工場で製造されており、衛生管理・高品質は保証付き。

 

飲みやすいソフトカプセルタイプなので、味はほぼ無味・無臭。無理なく飲み続けることができそうですね。受験やテスト前など、「ここ一番の頑張り時!」を控えた子どもたちにピッタリなサプリメントと言えそうです。

 

\安心!60日間返金保証付き!/

 

デキスギジュニア

 

 

僅差での第2位は、デキスギジュニアです。ドクターデキスギの姉妹品ではありますが、こちらは、日々の学習をサポートするのに特化したサプリメントと言えそうです。

 

イチョウ葉エキスの特長でもある、知的好奇心や探究心を向上させる効果から、子ども自身の「もっと知りたい!勉強したい!」というやる気を呼び起こすことが期待できます。何も言わずとも子どもが机に向かうことが多くなるのは、親御さんにとっても嬉しい限りですよね。

 

デキスギジュニアは、粒タイプのサプリメントで、1粒8mmほどと小粒です。しかも、飲みこめなくてもOK!噛み砕いても成分は変わらないので、小さな子どもでも無理なく飲むことができます。学ぶ楽しさを実感し、主体的に学習が進められるようになる。発達に効果的なサプリメントとなっています。

 

\嬉しい7大特典が魅力!/

 

みんなのみかたDHA

 

 

第3位の、みんなのみかたDHAも負けてはいません。「おさかなのソーセージ」をはじめ、数々の水産食品を製造・販売しているニッスイが研究・開発したサプリメントです。

 

不足しがちなDHAをしっかり補いながら、更に、カルシウムやビタミンDといった成長期の身体づくりに欠かせない栄養素もたっぷり配合。まさに、心身ともに健康になることをサポートしてくれる、強い味方であると言えます。

 

みんなのみかたDHAは、紙パックに入ったドリンクタイプの製品。ヨーグルト味で飲みやすく、魚嫌いであっても気にすることなく飲めてしまいます。

 

もちろん、ニッスイの多くの製品に同じく、人工甘味料や着色料は一切使われていません。水産食品の製造で得た知恵と技術が生かされた、渾身の栄養補助食品です。

 

\飲料タイプならこれ/

 

子どもの頭にいいサプリの飲み方

 

 

サプリメントは、残念ながら「飲めば直ちに効果がある!」という魔法の薬ではありません。あくまで栄養補助食品という位置づけで、日々の食事と同じく毎日摂取することで初めて効果を発揮するのです。より高い効果を発揮するために、できる工夫もあります。

 

飲む量

 

これは、各製品ごとに異なりますが、粒やカプセルタイプのものは1日3〜6粒程度、ドリンクタイプは1本が目安となっています。

 

多く摂取したからと言って、効果が増すことは、残念ながら考えにくいものです。この摂取目安量を守って飲むようにしましょう。また、飲み始めのうちは1粒など、少量から始めてみると、ゆるやかに効果を発揮し、長続きできるポイントとなっています。

 

飲むタイミング

 

サプリメントには、本来飲むべきタイミングは特にありません。1日のうちで、忘れないときに飲めば良いということになっています。

 

しかし、より効果を実感したいとの思いがあれば、食後に飲むのが良いでしょう。摂取した食事の栄養素とともに相乗効果を発揮することが期待できます。また、勉強前や試験前など、「これから頑張るぞ!」というときに飲んでおくと、効率的な学習やひらめき力をサポートできる強い味方となります。

 

子どもの脳の活性化がもたらすメリット

 

 

言わずもがな、脳は、使えば使うほど活性化されるものです。しかし、使わなければ一気に退化しまうものでもあります。

 

それゆえ、「脳を活性化させる」のが良いこととはわかっていながらも、「結局どう良いの?」と問われると答えに詰まることも多いのではないでしょうか。子どもの脳を活性化することによって、具体的にどんな良いことが起こるのでしょうか?

 

集中力、記憶力のアップ

 

脳がしっかりと働くということは、目の前の情報を「認知」し、どのようなものかを「判断」し、自分がどうすべきかという「行動」に移すという一連の流れができることを意味します。

 

この3ステップを踏むためには、とにかく集中して目の前の情報に対峙することが必要となります。活性化されていない脳で情報に向かい合っても、目の前をただただ過ぎていくものを眺めるだけで終わってしまうのです。

 

一方、活性化が促された脳であれば、まず、真剣に情報を「認知・判断」し、理解しようと努めることから、集中力が伴います。

 

更に、そのそこで得た情報を自分のものとし、使うべき時期が来たら満を持して「行動」に移すための記憶力も身につくのです。脳が活性化するということは、学習活動だけでなく生活全般をより高みへと導くことにもなるのです。

 

発達障害(ADHD)の対策

 

ADHDとは、注意欠陥・多動性障害のことで、発達障害の一種となっています。注意力散漫であったり、落ち着きがない、後先考えず思い付きで行動してしまうなどといった症状が見られ、特に小学校での授業が成り立たなくなるなどの問題が表面化しています。

 

ADHDの原因としては、先天的な場合もありますが、思考や行動を司る脳の前頭前野に何らかの問題が生じていることが挙げられます。

 

そして、薬物療法や毎日の食生活を見直すことによって回復も望めることがわかってきました。有効な栄養素としては、魚に含まれるDHAやEPA、肉や大豆のたんぱく質にも含まれるホスファチジルセリン。積極的に摂取することで、緩やかながらも有意に改善することもわかっています。

 

また、放っておくと進行する場合もあるのがADHDの特徴とも言えます。ADHDとの診断は下らずとも、「うちの子、もしかして…」と、発達におけるグレーゾーンの不安にさいなまれる親御さんを、私も多く見てきました。

 

毎日の食事を変えることは容易ではありませんが、必要な栄養素をサプリメントなどで補うことは、比較的手軽に行えます。「グレー」の状態が確定となる前に手を打つのは、親御さんの温かい愛情でしか成し得ないことではないでしょうか。

 

\頭が良くなる成分まとめて凝縮サプリはこれ/