身長を伸ばすために成長期に摂りたい栄養は?

 

スラッと背の高い人に憧れる…!誰しも一度は思うことではないでしょうか。「できることなら、我が子もあんなふうになってくれたらな…」そう考える親御さんも多いことでしょう。

 

しかし、実際の自分と見比べてみて、「ハッ!」とするとともに、その夢が一瞬にして崩れ去っていくことも少なくないようです。

 

私も保育園に勤めていた頃、「先生、私、いわゆるチビデブなんだけど、うちの子もこんなふうになっちゃうのかな?(´・ω・`)」とのボヤキにも似た相談をお受けすることがありました。

 

確かに、ちょっと返答に困ってしまうようなこともあったのは事実ですが、大抵は「そんなことないですよ!」と言って笑い飛ばしていたことを思い出します。

 

それというのも、最近では両親からの遺伝だけではなく、成長期に摂る栄養素によって身長が左右されることがわかってきたからなのです。我が子の遺伝子を覆すかも知れない、成長期に摂るべき栄養素とは、どのようなものなのでしょうか?

 

αGPC

 

正式には「L-アルファ-グリセリルホスホリルコリン」というとても長い名前が付いています。大豆由来の成分で、動脈硬化や記憶力アップに有効なコリンという物質の働きを促進し、脳神経に働きかけます。

 

その結果、成長ホルモンが分泌され、ぐんぐん身長が伸びることが期待できます。赤ちゃんからお年寄りまで嬉しい成分ですが、特に心身ともに伸び盛りな子どもには欠かせない栄養素であると言えます。

 

アルギニン

 

成長期における必須アミノ酸の一種です。血管拡張作用や、デトックス作用も持ち合わせながら、成長ホルモンを分泌する刺激作用も確認されています。身長に作用することはもちろん、筋肉を増やしたいアスリートにも必要とされる栄養素となっています。

 

ボーンペップ

 

英語では「bone pep」と表記することからも、骨のための栄養素であることがおわかりいただけるのではないでしょうか。

 

卵黄から発見されたたんぱく質で、カルシウムと一緒に摂取することで骨の成長を助けながら骨密度をアップさせる効果があることがわかっています。丈夫な骨を早く・確実に育むことが期待できる栄養素なのです。

 

ミネラル

 

カルシウム・マグネシウム・鉄・リンなど、身体の機能維持や調節に役立つ栄養素をまとめてミネラルと呼んでいます。これらはいずれも、骨や歯・血液の材料であり、人間が生きていくうえで欠かすことができない栄養素です。

 

主に乳製品・海藻・魚介類・ナッツ類に多く含まれており、普段の食事で摂取していくことがポイントとなっています。

 

子どもの身長を伸ばすサプリの選び方

 

 

健やかな成長のために摂るべき栄養素は、おわかりいただけたことでしょう。しかし、これらが身体の伸長に有効に作用する量を、毎日の食事だけでカバーするのは至難の業です。

 

例えば、ボーンペップを摂取するために卵黄ばかり摂り続けていては、血中のコレステロール値が上がってしまい、様々な弊害を招くとされています。

 

そこで、成長期に有効な栄養素がギュッと詰まったサプリメントで、適切な量を補うという方法をご提案します。どんな点に注目して選ぶのが良いのでしょうか?

 

有用成分、含有量など

 

成長期にこそ積極的に摂取してほしい栄養が含まれているか?というのは言うまでもありませんね。加えて、その量にも注目したいところです。

 

例えば、身体を支える骨そのものとなるカルシウムは、年齢・性別によって違いがあるものの1日600〜1000mgの摂取が必要とされています。

 

サプリメントでの摂取が推奨されるのは、多くともその半分程度とされているため、適量であるかは確認しておきたいところです。

 

更に、有効成分の質や量に対してのコストパフォーマンスはどうか?という点にも注目です。「安かろう悪かろう」ではないか?反対に、「有効成分量も高いが価格も高い」というものではないか?も比較しておくべきでしょう。

 

吸収力が高いか

 

いくら成長に良いとわかっている栄養素であっても、きちんと身体に取り込まれなければ意味がありません。体内に取り込まれやすい工夫がされているかというのも重要なポイントであるでしょう。

 

吸収率の良い低分子化された成分が用いられていることや、同時に摂取することで相乗効果が得られる成分が加えられていることなどで、吸収率を高めることができます。

 

安全性や製造元はどこか

 

さて、栄養面では申し分のないサプリメントに出会えたとしても、それが安全な製品でなければ飲むのをためらってしまうものです。原材料はもちろん、製品自体がどこで・どのように作られたのか?ということも注目ポイントとなるでしょう。

 

また、子どもにとってアレルゲンとなる原材料が含まれていないか?ということも要チェックです。高い効果を持ったサプリメントが、安全に手元に届き、安心して飲めるものであるかを、親御さんの厳しい目で見極めてくださいね。

 

小さな子どもから小学生対象の身長サプリランキング

 

 

成長期にも段階があり、それぞれに見合った栄養素を補給することが重要です。まずは、小学生までの身体の基礎づくりが行われる時期に良いサプリメントを見ていきましょう。

 

ミライスター

 

 

第1位は、ミライスターです。製造元である花菜の社員さんで子育て中のママたちの声から生まれたサプリメント。自身の子どもへの想いが結集した製品であるだけに、効果も期待できそうです。

 

カルシウムはもちろん、吸収率をアップさせるCPPを配合しているので、骨や歯への影響力が違います。更に、米麹やオリゴ糖など、ママにも嬉しい成分もたっぷり!それゆえ、親子で楽しむ方も多いのだとか。

 

保存料・着色料・化学添加物は一切使われていないため、保存性には欠けるものの品質はバッチリ!早めに飲み切ることで、効果も実感できそうですね。

 

\目標+10cmがテーマ!初回56%OFF/

 

アスミール

 

 

第2位は、アスミールです。「明日を夢見る子どもたちを応援」という思いが込められた製品名のとおり、子どもに嬉しい栄養素がたっぷり。

 

なんと、1日1杯飲むだけで、主要な栄養素の約8割を摂取できてしまうというのです!特に、「ZAP」こと亜鉛・アルギニン・プラセンタに力を入れ、絶妙な成長サポート力を実現することとなりました。

 

もちろん、国内の製造工場で、国産の原材料のみを使用して作られているので安心感もバッチリ。
一歩先行くサプリメントと言えるのではないでしょうか。

 

\シェイカー付き!/

 

セノビック

 

 

第3位は、セノビックです!特徴的なテレビCMを御覧になったことがある方も多いのではないでしょうか。牛乳に溶かして飲むタイプで、カルシウムと鉄分を中心に補うのに特化しています。

 

更に、ボーンペップも1日分にたっぷり100mg含まれているので、せっかく取り込んだカルシウムの栄養を無駄にしません!骨・歯・血液に至るまで、健康な身体の成長に嬉しい栄養素を補うのにこの上ないサプリメントです。

 

味はベーシックなミルクココア味を中心に、ヨーグルト味・バナナ味など全部で5種類。バリエーションも豊かなので、味に飽きが来ず、いつでも美味しく楽しく飲めてしまいます。

 

製造・販売元は、大手製薬会社であるロート製薬。医薬品製造で培った知恵と技術が生かされた、成長期応援飲料となっています♪

 

中学生・高校生対象の身長サプリランキング

 

 

続いて、いわゆる第二次性徴期にあたる年代の子どもに必要な栄養素を備えたサプリメントを確認していきましょう。第二次性徴期は、心身ともに大きく大人へと近づく大切な時期です。適切な栄養をたっぷり摂取していけるものをご紹介いたします。

 

プラステンアップ

 

 

第1位は、プラステンアップです。「身長を10cmアップさせる」という目標のもとで開発されたサプリメントには、成長の実感を加速させるための独自の理論がありました。

 

カルシウム・リンなどのミネラル類に加え、ビタミンCやDを配合しているので、骨だけでなく細胞レベルに至るまで形成と発育をサポートできるのです。

 

この実感力の甲斐あってか、リピート率は驚異の98.5%!中高生を中心に、実感の声が続々と上がっている模様です。定期購入のコースについて回りがちな「回数縛り」が一切ないのも特長。いつでもお得に購入できるのは、やはり嬉しいものですよね。

 

\16歳でも伸びた!身長サプリ/

 

カラダアルファ

 

 

第2位は、カラダアルファです。数々のショッピングサイトで販売実績が堂々の第1位に輝いているサプリメント。それもそのはず。カルシウムを中心にミネラル類をバランスよく配合し、たんぱく質やビタミンも含まれているので、総合的に成長を促してくれます。

 

更に、注目の植物スピルリナを配合!50種類以上の健康成分を含んでいるばかりか、その栄養吸収率は95%とかなり高いものとなっています。その効果は、あのWHO(世界保健機関)が、安全性と栄養価の高さについて絶賛しているほど!是非取り入れておきたい栄養源ですね。

 

\成長期を応援するサプリ/

 

トータルアップ

 

 

第3位は、トータルアップです。実は、アスリートたちが高いパフォーマンスを誇っているのは、成長ホルモンの為せる業。今や、スポーツにおけるサプリメントを用いてのパフォーマンス維持が世界の常識となりつつある中、毎日急激に成長を続ける子どもたちのコンディション向上にもサプリメントが必要だ!との発想のもと誕生しました。

 

アルギニン・オルニチン・グルタミンといったアミノ酸を中心に配合し、成長ホルモンを分泌させ、ぐんぐん伸びる力をサポートします。

 

製造には、医薬品製造に準拠したGMPを取得した国内工場で製造されているので安心。確かな品質とパワーを実感できることでしょう。

 

\スポーツする子向け/

 

身長伸ばすサプリの飲み方

 

 

「これだ!」と思えるサプリメントが見つかったら、次はどう飲み進めるかが課題となってきます。製品により多少の違いはあるものの、いくつかの共通点がありますので、確認していきましょう。

 

飲む量

 

製品のパッケージや説明書きに記載のある摂取目安量を基準に飲み進めるようにしましょう。錠剤タイプは1日あたり3〜8粒、ドリンクタイプは1日に多くとも2杯までとしましょう。

 

成長期の身体に良いことづくめの栄養素がたっぷりではありますが、たくさん飲めば良いというものではありません。

 

寧ろ、摂り過ぎによって消化不良を起こしてしまったり、場合によっては腎不全などを引き起こしてしまう危険性もはらんでいます。適切な量を飲むことが、効果実感への最短ルートとなるでしょう。

 

飲むタイミング

 

いずれのタイプも薬などではなく食品であるため、「いつ飲むように!」との具体的な決まりはありません。おやつ代わりに摂るも良し、目覚めの1杯に飲むも良しです。飲み忘れさえなければ、自由に楽しみながら栄養を摂取することができます。

 

しかし、一番効果を実感しやすいのは、食後でしょう。食事の栄養とともに取り込むことで、サプリメントの持つ栄養素が相乗効果を発揮することが期待できます。また、「食後に飲む!」と決めておくことで飲み忘れを防げるので、より効果を得やすくなると言えるでしょう。

 

サプリだけに頼るとだめ!食事・運動・睡眠は必須!

 

 

毎日の食生活の基本はもちろん、食事です。3食きちんと摂ることこそが、活力の源となるのは言うまでもありません。

 

したがって、「サプリをいつもの倍の量を飲んでおいたから、今日の栄養はバッチリ♪」ということには、決してなりません。

 

家庭や学校での食事があってこそです。その足りなかった栄養素をサプリメントの力を借りるという気持ちで飲むようにしたいものです。

 

加えて、適切な運動や睡眠も健やかな成長には欠かせない要素となっています。ともに、成長ホルモンの分泌を促す行動ですので、積極的に行うようにしなければなりません。

 

運動であれば、骨にも作用するストレッチやジョギングなど軽めのものでもOK!睡眠は、22:00〜翌2:00の「ゴールデンタイム」と呼ばれる時間は深く眠れるようにしておきたいところです。

 

規則正しい生活こそ、健康な身体づくりが行える基礎となります。その生活の基本にサプリメントをプラスすることで、より高い効果を得られることが期待できますよ。