子どもの野菜嫌いを克服するには?おすすめレシピは?

シェアする

子どもの野菜嫌いは、すべての親御さんにとっての永遠のテーマと言えるでしょう。
「野菜を食べられなくても身体は大丈夫なの!?」や「幼稚園・保育園・学校の給食で食べられなかったらどうしよう…!」など、不安は尽きないもの。
とにかく「何とか食べられるようになって欲しい…!」と躍起になる親御さんも多いのではないでしょうか。

しかし、必死になればなるほど、それを察知したかのように子どもはどんどん避けて逃げて行ってしまうようなことはありませんか?
何だかバカにされたような気分にもなり、イライラと同時に、報われない哀しさも相まって、失望にも似た気持ちに陥る親御さんを、私もたくさん見てきました。

そこで今回は、この野菜に少しでも子どもの関心を向け、食べてもらえるようにできないものか?を考えていきましょう。
どのような方法があるのでしょうか。

子どもの野菜嫌いを克服する方法

「ピーマンは苦いからイヤ!」、「トマトは酸っぱいしグニャッとしてるから気持ち悪い」と、何かにつけて嫌いな理由をつけてくるもの。
我が子の強硬な姿勢に対して、「是が非でも何とかしてやる!」と構えてしまう親御さんも多いことでしょう。

細かく刻んで料理に混ぜたり、特徴的な味が隠れるようにと味付けを工夫したりと、実に様々な策を講じられてきたのではないでしょうか。
「この苦味さえなければ…!」や「食感さえクリアできれば…!」と、アイデアのすべてを注ぎ込まれてきたことでしょう。

その熱い思いに応えてくれるのが、品種改良された野菜たちです。

例えば、ピーマンであれば、「こどもピーマン」というもの。
通常のピーマンの鮮やかな緑色や肉厚な食感はそのままに、独特の香りや苦味が大幅に除かれた品種です。
見た目はししとうに似ていますが、それとも全く違う新しいピーマンとなっています。

また、トマトも皮や種を取り除くことで食感が大幅に改善される他、「フルーツトマト」という品種もあります。
食べやすいものを選んで、毎日の料理に取り入れてみると、子どもも興味関心から食べてくれるようになることが期待できますよ!

野菜嫌いな子どもにおすすめのレシピは?

わからないくらいに細かく刻む・味を変えるも、決して悪いことではありません。
ただ、最初のうちは良くても、結局何を食べているのかがわからなくなり、子どもの味覚が育ちにくくなってしまいます。

子どもの味覚と食べる意欲を育てながらも、野菜嫌いに役立つレシピをご紹介いたします♪

ポテトサラダに混ぜる

ゆでて潰したじゃがいもを、マヨネーズで和えたところに、食べさせたい野菜を刻んで混ぜてみましょう。
野菜自体は見えるものの、ポテトサラダという見た目が手伝って、食べることができるようになることが期待できます。

また、そのままでは食べなかった場合には、そのポテトサラダをグラタン皿に敷き詰め、チーズをかけてグラタンにしたり、丸めて揚げてコロッケにしたりとアレンジもできます。
新たなる食べられる可能性を秘めたレシピであると言えるでしょう。

ぶつ切りにしてケーキに混ぜる

にんじんをすりおろしたり、ほうれん草をペースト状にして混ぜるのも有効ですが、味と形を認識するには、なるべく見えるようにして混ぜ込むのが良いでしょう。
ケーキ生地の甘みで、野菜のえぐみや苦味が軽減される代わりに、特有の甘みや風味は引き出されます。

何よりも、「ケーキだよ」と言うと、なんとなく子どもは嬉しいもの。
お菓子感覚で、おやつにどんどん食べてくれるのではないでしょうか♪

この要領で、パン生地にも合わせることができます。
何かと栄養が不足しがちな朝食からしっかりと野菜を摂ることが期待でき、まさに一石二鳥だと言えるでしょう。

それでも食べない場合は?

そもそも、親御さんが子どもに野菜を食べさせたい理由は、何でしょうか?
様々あるとは考えられますが、結局のところ、「必要な栄養を摂取してほしいから」という点に尽きるのではないでしょうか。
それであれば、その栄養を野菜から摂ることに固執する必要はありません。

例えば、ピーマンに含まれるビタミンCやβ-カロテンを摂るのであれば、みかんジュースなどでも代用が利きます。
また、必要な栄養素を補助的に摂取することに特化した食品やサプリメントもありますので、これらを活用するのも効果的です。

1つの食材を食べないからと言って落ち込む必要はまったくありません!
代用策を講じて、バランスの良い食事を摂れるようにしたいものですね。

The following two tabs change content below.

おはる

第2子を妊娠中に「ボケ防止に…」と始めた勉強で保育士資格を取得。 認可保育園・病児保育所での勤務を経て、現在は会社員兼2児の母。 専門は日本語・英語での文化交流だったはずが、いつしか保育や社会的養護が生活の中心に。 ウサギさんと関ジャニ∞をこよなく愛する三十路少女(o゚▽゚)ノ♪